地域間で賃料が異なる

賃料は場所によって異なると言われますが、これは土地の価格に関係しています。つまり不動産は常に土地の値段と並行して動いているのです。この点は持ち家であろうが賃貸であろうが変わりません。高い地域に住むとなると、高齢者は大変です。家賃を払い続ける時は、当然年金と生活費から計算しなければなりません。ですからお年寄りが経済的事情で地方に移住することは十分考えられます。いずれにしても、家族構成や資産額、健康状態が左右しますから、すぐに結論を出すことはできないでしょうし、出すべきではありません。

残りの人はというと、やはり50代に入った時に、人生設計すべきでしょう。家賃相場や中古マンション等の相場を調べておけば、選択肢を学ぶことが出来ます。よく考えて下さい。50代は今ではバリバリの現役世代です。計画すれば相応の貯蓄も期待することが出来ます。これが大切なことで、何でも資金を残せば選択肢の幅が広がるのです。計画が無難であるかどうかはファイナンシャルプランナーに相談して判断しましょう。彼らはプロですから適したシミュレーションによって答えを導きます。その時、金額が具体的であればあるほど、当事者としては安心できるのではないでしょうか。皆さんに安心してもらえることが最大の目的です。これは若者向けの論評にも通じることです。実際、彼らの都心部での住み方は、本当に幸福なのか議論されています。格差社会と言われる中で、狭くて汚いアパートに住んでいるからです。 都内賃貸についてはこちらのサイトで探せますので一応ご紹介まで

海外の賃貸

海外で賃貸物件を借りるとなると、様々な問題に直面します。それでも在留邦人はかなりの数に上っており、今でも増加傾向にあります。実は一時期減少していると言われていた留学生の数もまた増加に転じているのです。そう考えると、我々も若者を応援し、海外での賃貸事情についてお話ししなければなりません。留学した時、海外転勤になった時、海外でどのように行動し、物件を探し、幸せを手に入れるかということです。以前アジアの賃貸事情について調べたことがあります。その時分かったのですが、日本とは異なる習慣が存在しました。入居時にまとめて保証金を支払うシステムでは賃料が無料になるといった珍しいケースがあったのです。それは特例としても、とにかく国が違えば賃貸事情も大きく異なります。では欧米はどうでしょうか。欧米もまたそれぞれ習慣が異なっています。一番言及されることの多い米国は、賃貸の習慣が一番よく知られている国かもしれません。ここでは賃貸は少し特殊な形態と見做されています。つまり住む家は買うものであり、借りるものではないという考え方です。ウサギ小屋に住む日本人にとっては耳の痛い話ですが、彼らのライフスタイルを表しています。しかしこの常識は都市部に限られたものなのかもしれません。ニューヨークのような大都市では、賃貸は依然人気を集めているからです。もちろん日本のように狭苦しい物件はあまり見かけませんが、それでも田舎とは明らかにスタイルが異なります。それは数字にも表れており、なんとニューヨークの賃貸は60%を超えているのです。これは東京よりも高い比率であり、その意味ではアメリカも戸建て文化とは言えません。