外国人労働者と賃貸

日本では外国人労働者の数が増えており、当然その推移は彼らの住居とも関わってきます。つまり彼らの入居できる賃貸物件が足りているのかという問題が浮上するのです。需要は明らかに高まっているので、不動産会社も積極的になるはずなのですが、実態はそうではなさそうです。というのも、外国人のための専用住宅は避けられる傾向にあることから分かるように、オーナーが彼らに貸そうとしないのです。そこで問題になっているのが、アパートの空室に彼らを入れてしまう現象です。日本人の借り手がいればその人たちを優先にしますから、残り物ならいいよというわけです。ただそれでも外国人は嫌だというオーナーもいます。彼らにとっては外国人は不安材料でしかないのでしょう。それをどう考えるのか、賛否はあるでしょうが、ここでは問題が起きた時の解決法についてお話しします。前述したように、日本では外国人を受け入れようとする態勢になっていません。賃貸住宅に外国人が入るとトラブルが頻発するためです。これは言葉の違い、文化の違いが影響しているからだと思われます。しかしこうしたトラブルも避けようと思えば避けられます。今後の日本は彼らの活躍無しに成長しません。何とか彼らに無事賃貸物件を借りてもらうためにも、トラブルの回避術を勉強しましょう。まず知って頂きたいのは、外国人労働者の現状です。彼らが不動産会社を訪れると、物件を探すのに苦労します。外国籍であると断られますし、保証人として日本人を要求されることも多いのです。しかし、彼らに保証人を頼める日本人などいるわけがありません。こうなると、増加している彼らの住む場所が気になってしまいます。