外国人の入居者と近隣トラブル

大家として気を付けたいのは、外国人には友人と騒ぐという文化が根付いているということです。つまり夜中に騒いで騒音トラブルが起こる可能性があります。これは彼らの価値観によるもので、特別な時でなくてもパーティーを開いてよい、開きたいという考え方があるのです。それを無条件に受け入れてしまえば、近隣住民が注意するようクレームしてきます。大家がその場にいればすぐに注意することも出来ますが、叶わなければ近隣住民との軋轢は増すばかりです。最近は日本の狭い賃貸物件でも平気でシェアする外国人が増えています。これは最悪の傾向で、友人同士が毎日大声で談笑することになります。大家としてはシェアを許さないことも選択肢に入れるべきでしょう。日本人とは根本的に価値観が異なる点に注意しなければなりません。外国人のトラブルで他によく聞かれるのは、ゴミの問題です。つまりゴミ捨てのルールが形骸化するのです。当然これも近隣住民の怒りの原因になります。ただ知っておいてほしいのは、外国では日本ほどゴミの分別にうるさくないという事情もあるということです。ですから彼らに悪気があるとは限りません。とはいえ、放っておいたら決められた日に出しませんし、ゴミ捨て場が汚れて匂いが酷くなります。匂いは虫を集めますから、近隣住民にとっては相当のストレスになります。もっと解決の難しい問題を挙げておきましょう。それは無断のシェアが蔓延っていることです。どういうことかというと、そもそもシェアできない物件であるにもかかわらず、借り手の外国人がそれを守らず、勝手に友人等を招き入れて複数人で住んでしまうケースです。確かに外国人労働者は物件を探すのが大変ですから、友人に入れてもらえる場合は従うかもしれません。しかし一人用の部屋に複数人が住むと色々な問題が発生してしまいます。それでも元の借り手がそこに住み続ければまだ注意出来ますが、最悪の場合、又貸ししている可能性があります。