外国人に貸すということ

外国人はそもそも良い物件を借りにくいというハンデを背負っています。その環境下にあると、例えば友人にシェアを持ちかけられた時、躊躇わずに従ってしまうと考えられます。シェアする物件が一人暮らしを想定している場合、そのシェアが近隣にばれてトラブルに発展する可能性があります。契約時にシェアできないことを明確に伝えていても、守らない外国人は少なくありません。それは言葉の問題というよりも、モラルの問題です。つまり悪気が無いのです。だからと言って許していいわけではありませんが、貸す前からそういうものだと認識しておくことが大切です。トラブルが起きてから後悔するのは本当に馬鹿げています。外国人の入居者が起こす問題は、音や匂いだけではありません。例えばペット不可物件で動物を飼う人たちがいます。これは外国の文化が影響している可能性があります。というのも、日本より動物が人気である国は多いからです。彼らは動物が騒いだり、家具を壊したりしてもあまり気にしません。鳴き声にも寛容です。ですからアパートで飼うことが悪いことだという認識がそもそもないのです。ですから最初の契約時にペットを飼えない物件であると、強く認識させる必要があります。守らない外国人も多いのですが、先ずはきちんと伝えなければいけません。万一動物の匂いや糞尿で近隣に迷惑が掛かったら大変です。猫や犬のような鳴き声のしない動物なら大丈夫だろうと、鳥や爬虫類を飼う外国人もいますから、その点も注意する必要があります。そのような外国人の文化ですから、最悪の場合は部屋そのものに危害を加えることがあります。つまり部屋に物理的損害を加えるのです。場合によっては元に戻せません。