高級賃貸マンションの住空間とは

高級賃貸マンションを検討する多くの人は、可変性のある住空間を求めているようです。個性的な住空間を実現するプレストレスト鉄筋コンクリート構造、いわゆるPRC造という建築手法が採用されているマンションがあります。現行の建築基準法の地震に対する設計法もプログラムされています。構造計算が早いというメリットがあるものの、住戸プランは画一的になりがちといいうデメリットもあります。PRC造というのは、その都度、ソフトと手計算の両方で構造計算が必要となりますが、独自性が高く梁、柱のない住空間を生み出すことができます。また、高い耐震の建物を設計することが可能なので、安全性にも優れているといえます。PRC造とうのは、100年ほど前にフランスで開発されたものです。鉄道橋などに採用されていた、吊り橋を支える技術を応用したものです。コンクリート躯体が柱、梁、床でありその内部にしなやかなPC鋼材を配しています。建物に圧縮力がかかった状態に置くことで、加重と負荷を受けたときにコンクリートの引張応力を抑えることが可能になるとんこと。歪を是正して、クラックを抑制する力があります。こういったことは住まいの安心につながるものです。柱や梁が邪魔にならないスクエアな空間というのは、高級賃貸マンションを検討するひとたちには重要なことになります。家族構成や異なるライフスタイルであっても、間取りを変えたりすることで快適な住まいにすることができるのですから。開口部の多さや多彩な用途に使えるルーフテラスなど、高級賃貸にふさわしく、快適性と満足度のえられる価値有る住宅であることが重要です。快適性と安全性を追求して住む人が誇れるものにすべきです。